主賓のスピーチ

のページ

主賓のスピーチ

のご紹介!!



【スヒ゜ーチをスヒ゜ーディーに話しましょう!!】

当サイトは、人生の中で誰でも一度は経験するであろうスヒ゜ーチをどんな状況でもスヒ゜ーディーに話せるように

すぐに役立つ実例を紹介しています。スヒ゜ーチをする場面は様々ですが、ある程度その場面に合わせた話す内容の

文言を限定することができます。例えばお祝いの席であれば「本日は誠におめでとうございます」「幸せなご家庭を

築き上げてください」「お祝いの言葉とさせて頂きます」「今後のご活躍を大いに期待しております」などです。

このようにある程度必要とする一言を予め用意しておくことで、「いざ」と言う時に対応することができるし、もちろん

その際のお話は短くてよいので頭の片隅にでも入れておけば忘れることも無いでしょう。逆に長い方が聞き手に

嫌われますので簡潔で短めにした方が相手に対して失礼にあたりません。そこで当サイトで紹介している実例を元に

その中から貴方にあった文言を見つけ組み合わせて、オリジナリティーあふれる?素敵なお話を作って下さい。

少なくともお客の立場として出席した場合の冠婚葬祭に必要となるお話くらいは、あらかじめ準備しておくと

よいでしょうね。「いざ」という時に困らないように、またスヒ゜ーディーにお話するためにも当サイトをお役立て下さい。

関連語句:

主賓のスピーチ



スポンサードリンク
INDEX > 主賓のスピーチ

結婚式関連
  ○司会者のスヒ゜ーチ
  ○媒酌人のスヒ゜ーチ
  ○主賓のスヒ゜ーチ
  ○友人のスヒ゜ーチ
  ○親族のスヒ゜ーチ
  ○新郎・新婦のスヒ゜ーチ


葬式関連
  ○通夜でのスヒ゜ーチ
  ○弔辞のスヒ゜ーチ
  ○出棺でのスヒ゜ーチ
  ○初七日でのスヒ゜ーチ
  ○四十九日でのスヒ゜ーチ
  ○一周忌でのスヒ゜ーチ

年中行事関連
  ○新年会でのスヒ゜ーチ
  ○忘年会でのスヒ゜ーチ
  ○祝賀会でのスヒ゜ーチ
  ○誕生会でのスヒ゜ーチ

学校行事関連
  ○入園式でのスヒ゜ーチ
  ○入学式でのスヒ゜ーチ
  ○卒園式でのスヒ゜ーチ
  ○卒業式でのスヒ゜ーチ

免責事項
  ○当サイトについて

その他
  ○サイトマップ
  ○管理人プロフィール
  ○リンク集(相互リンク募集中)
  ○GROUP@
  ○GROUPA
  ○GROUPB


スポンサードリンク


披露宴でのスヒ゜ーチで一番大切なことは「硬く成り過ぎない・しかし

柔らかくも成り過ぎない」だと思います。一般的に招待される客は普段の

生活で合う機会の多い親族・親戚や友人・同僚などですので、あまりにも

硬い話ばかりしても面白くも可笑しくもありませんよね!!むしろちょっと

くらいのジョークを言ってもお祝いの席ですから失礼にはあたりませんし

会場の雰囲気を盛り上げるためにも必要です。しかし恩師や上司なども

招待する場合も多いので、あまりにも柔らか過ぎても駄目なのです。

ですから「硬く無く・しかし柔らか過ぎず」が大切なことだと思います。

(但し、挙式のような形式的な会場では柔らかいのは絶対に駄目です。)




☆☆☆ 主賓のスヒ゜ーチ ☆☆☆

一般的に主賓として選ばれる人は、披露宴に出席した招待客の中の

代表として挨拶をします。また選ばれる人は新郎・新婦側から一名ずつ

というのが一般的です。基本的に披露宴の初めに挨拶をしますので、

あまりたくさん選考するとスピーチが長くなるため、出席者が飽きてしまい

話を聞いてもらえなくなります。従って両家一名ずつがよいでしょうね!!

主賓の選考基準としては、新郎・新婦にもっとも深く関係した方が

選ばれるのが一般的なので、地位の高い方で出席者の代表として

祝辞を述べます。また、主賓のスピーチ後に挨拶をされる方が、自分より

地位が高かったり、お年を召した方と分かっている時は失礼の無いように

話す前文に「僭越では御座いますが、ご指名いただきましたので」等から

始めると良いでしょうね!!また話す内容としても、式の初めの方で

主賓のスピーチをもとめられますから出席者の集中力は十分で耳を

大きくして聞いています。ですから、あまり個性が強かったりお説教調に

なって話が重苦しくなるようでは困ります。また自分の体験を繰返して

延べたり、政局や仏教系の話も避けると良いでしょうね!!

そして主賓の挨拶で最も大切なことは、もし新郎・新婦または出席者が

起立した状態である時は、一度皆さんに着席を促すことなのです。

何故かと言うと、一般的に出席者は着席をしてスタートしますが、新郎

新婦や媒酌人は入場してそのまま起立の状態で司会者の挨拶から

スタートします。その後媒酌人の挨拶が行われますが、まさかこの時に

両人が着席するわけにはいきません、そのため司会者⇒媒酌人⇒

主賓の挨拶・・・とつながって行きますが、この時主賓の挨拶のところが

一番着席をさせる最も良いタイミングなのです。逆にこのタイミングを

失うと、その後に挨拶をする人達の地位から見ても着席を促がすことが

難しくなります。そうなると主催者側の人達はいちいち起立した状態で

聞かなくてはいけなくなります。ですから主賓は話す前文で必ず

着席をすすめて座るのを見届けてから話始めるのがマナーなのです。

また、主賓はいわば披露宴への出席者代表のオープニングスピーチを

飾るのですから、その話す内容次第で後々の方達の話す内容に大きく

影響を与えかねません。長ければ後の方も長く話さないと誠意などが

こもって無いように見られかねないし、あまりにも強烈なキャラを出すと

後の方は何を話したらよいか戸惑ってしまいます。ですので、内容は

前後の方のことも考えて話すと良いと思います。







◇ 司会者の挨拶メニュー
新郎側の主賓の挨拶
新郎側の上司・恩師の挨拶
新婦側の主賓の紹介
新婦側の上司・恩師の挨拶










素敵なスヒ゜ーチ 素晴らしいスヒ゜ーチ おめでたいスヒ゜ーチ 感謝のスヒ゜ーチ 冠婚葬祭スヒ゜ーチ 二人のスヒ゜ーチ 幸せなスヒ゜ーチ 愛し合うスヒ゜ーチ 悲しいスヒ゜ーチ 親しむスヒ゜ーチ 祝福のスヒ゜ーチ 愛するスヒ゜ーチ 振れあうスヒ゜ーチ

素敵なスヒ゜ーチ 素晴らしいスヒ゜ーチ おめでたいスヒ゜ーチ 感謝のスヒ゜ーチ 冠婚葬祭スヒ゜ーチ 二人のスヒ゜ーチ 幸せなスヒ゜ーチ 愛し合うスヒ゜ーチ 悲しいスヒ゜ーチ 親しむスヒ゜ーチ 祝福のスヒ゜ーチ 愛するスヒ゜ーチ 振れあうスヒ゜ーチ

スポンサードリンク

Copyright スヒ゜ーチをスヒ゜ーディーに!! All Rights Reserved