栄養補助食品とは

のご紹介!!


栄養補助食品とは

のページ




 My Yahoo!に追加
INDEX <

栄養補助食品とは


健康のための栄養補助食品とはサイトへようこそお越しくださいました。当サイトでは現代人の健康維持に欠かすことが
できなくなった栄養補助食品とはについての情報をご紹介しております。その必要性や医薬品との違い、
サプリメントと病気の関係、あるいはサプリメントとの関連が深い栄養素(ビタミン)、サプリメント関連商品のご紹介など様々な情報を
ご案内させて頂いております。是非お時間の許す限りご利用頂ければ幸いです。





サプリメントとは

サプリメントと医薬品

サプリメントと病気

サプリメントと健康

ビタミンAとは

ビタミンB1とは

ビタミンB2とは

ビタミンB6とは

ビタミンB12とは

ビタミンCとは

ビタミンDとは

ビタミンEとは

ビタミンPとは





※相互リンク募集中








サプリメントとは

栄養補助食品とはサプリメントのことです。

誰でも知ってますね!サプリメントは日本語で

補足とか増補とかを意味するものです。

従って「栄養食品」で「補う」ということから

栄養補助食品をサプリメントと呼んでいます。

栄養補助食品とはその名の通り食生活で不足がちな「栄養分や栄養素」を

補うための健康に役立つ食品のことです。ですから、あくまでも「食品」

なので病気を治療する「薬」とは全く違い、一般的にはいくら食しても

健康を損なう恐れが無いものです。例えばビタミンをたくさん摂取する

ために野菜をたくさん食べたとします。大げさに言うと野菜はいくら

食べても不健康になる恐れはありませんね。むしろたんぱく質を多く

含んだ食品よりも野菜を食べて腹を満腹にした方が健康的です。

現代病と悪名高い「生活習慣病」の予防や治療にも効果的ですし・・・

サプリメントを薬と思われている方は、多分その形状が錠剤あるいは

カプセルタイプのものが多いので、薬と似ているためにそのように思

われているのかも知れませんね。私は(管理人)初めてサプリメント

「ダイエットに効果的?」を購入して容器の「用法」を確認した時に、

一切記載がないことに驚きました。
(当時あまりにも無知のため販売店に苦情のメールをしてしまいました。)


しかし後から分かったのですが、サプリメントとは栄養補助食品、

つまり上記のように健康食品なのでいくら食べたり飲んだりしても

一般的に健康を損う恐れが無い「食品」と言う意味なので用法は特に

記載する必要がなかったようなのです。(確かにその通りですね!!)

また、薬事法でも薬(医薬品)は病気の予防や治療を目的としているため

その効果や目的を明記することを認められていますが、サプリメントは

あくまでも「食品」扱いとされているので病気に対しての効果や目的を

明記することが認められておらず錠剤の形状も薬とは別物と

見分けられるようにする必要があるようです。従って販売店も呆れたのか

特に折り返しのメールなども無く無対応でした。でも実例を参考にして

摂取量の目安くらいは記載しても特に問題ないとは思いますがね?

その点から見ても薬とは全く別物だ!?ということが勉強になった次第です。


しかし最近のサプリメントは多種多様に増え、扱われる成分も様々で

それによって健康被害を与える恐れがあるものなど製造されて

いるようで容器には「含まれる栄養素」「期待される体内での働き」

「服用の目安」程度の記載はされているようです。この中でも

「含まれる栄養素」には特に注意する必要がありますね。なぜなら

直接健康に被害を与える可能性が高い原因がこれだからです。

体内での働については、人間は一人一人体質が違うので期待した

効果の有無は分からないはずで、期待した効果を必ず得るためには

それなりの知識が必要となります。いずれにしても効果が有ろうが

無かろうが健康食品を摂っただけでは健康被害は起らないと思います。

また服用量についてもサプリメントは健康食品ですからいくら食べてたり

飲んだりしても健康被害を起こさないようにすることを製造元や

販売元が責任を持って努めているはずなので、これも特に気にする

必要はないと思います。但し輸入品などの外国産が日本で扱われた

場合に起る健康被害に対して、日本の法律がどこまで適用されるか

分からないので輸入品を服用する場合は、その摂取量に十分注意し

健康被害に合わないようにしなければなりませんね。


従ってサプリメントを服用する前に必ず「含まれる栄養素」については

一度確認しましょうね。一般的に含まれる栄養素の原料は、ビタミン・

ミネラル・アミノ酸・植物繊維・ハーブ・穀物・海藻・酵母・クロレラなど

様々で、その数2000種類以上と言われています。これらの原料を

単体のみで製造したり、補助力をアップするために複合して製造したり

さらに栄養補給を重視してバランス良く配合して総合的に

製造されたものなどがあります。また、原料となる成分を自然の

植物から直接取り出した天然型のものがあれば、人工的に作られた

遺伝子組み換え作物のような化学的な食品を合成して作られたものが

あります。どちらで作られたサプリメントでも成分的にはそれ程違いが

ないようですが、体内で吸収されてからの働きは天然型の方が

優れているようです。このように様々な原料や製法で作られる

サプリメントをいかに有効利用し健康を維持できるかが大切な

ポイントです。または病気後の治療に役立てるために利用するのか?等の

利用目的をはっきりさせることも大切なことだと思います。そこで

無駄がなく・身体に害がなく・的確なサプリメントを摂取するためには

体が必要としている不足分の栄養素が何か?をしっかり認識することが

大切です。比較的食生活のリズムは決まっているもので、その時の

食材内容を振り返って考えた時に、偏った材料のみを食べていないか?

あるいは脂肪量が多い食材になっていないか?過食になっていないか?

このような食生活を繰り返していると栄養過多あるいは必須栄養素不足に

陥る恐れがあり生活習慣病の「元」になってしまいかねません。

ですから、サプリメントを摂る前に目的を認識し必要となる栄養素が

何であるかを十分に理解することが重要です。しかし一番大切なことは

毎日3食をしっかり・ゆっくり・楽しみながら摂ること、かつ食材も

昔からある日本食を見習って低カロリー・高栄養素のものをチョイスし

できればサプリメントを必要としない食生活にすることがベストです。


最後に、サプリメントを摂取するにあたり知っておきたいことで、

「購入したサプリメントの容器に記載されている栄養素のみで作られて

いるとは限らない」ことです。一錠のサプリメントを作る場合に、

栄養素そのものが丸い、あるいは丸長になっているのではなく

それを飲みやすく・長期保存ができるよう加工するために、不必要な

「添加物」が含まれているのです。例えば悪臭がある場合はそれを

抑えるための香料、あるいは飲みやすくするために甘味を加えたり

さらに見た目を良くするために光沢剤を使ったりしているようです。

ですから購入前に容器のラベルに記載されている説明の原材料名を

見ると、必要栄養素以外の使用品が書かれているので、それを確認した

上での購入をお勧めします。またはそのような不要外の物質も含まれる

場合があることをことを頭の隅にでも記憶して置くと良いでしょう。

但し商品によっては「無添加」とされているものもありますが、これは

添加物が含まれていないので安心して使用できますね!!

安心・安全なサプリメントで健康な毎日を!!!

Copyright 健康のための栄養補助食品 All Rights Reserved