ビタミンB1とは

のご紹介!!


ビタミンB1とは

のページ




 My Yahoo!に追加
INDEX <

ビタミンB1とは


健康のための栄養補助食品の栄養素(ビタミンB1とは)サイトへようこそお越しくださいました。当サイトでは現代人の健康維持に欠かすことが
できなくなった栄養補助食品の栄養素の一種(ビタミンB1とは)についての情報をご紹介しております。その必要性や医薬品との違い、
サプリメントと病気の関係、あるいはサプリメントとの関連が深い栄養素(ビタミン)、サプリメント関連商品のご紹介など様々な情報を
ご案内させて頂いております。是非お時間の許す限りご利用頂ければ幸いです。






サプリメントとは

サプリメントと医薬品

サプリメントと病気

サプリメントと健康

ビタミンAとは

ビタミンB1とは

ビタミンB2とは

ビタミンB6とは

ビタミンB12とは

ビタミンCとは

ビタミンDとは

ビタミンEとは

ビタミンPとは





※相互リンク募集中








ビタミンB1とは

ビタミンB1が不足して起る代表的な

症状が「かっけ」です。因果関係については

後程述べるとして、 ビタミンB1は

1910年頃に東京帝国大学教授の

鈴木梅太郎氏が精米後に出る米ぬかの

中から発見したとされています。

この発見によって次から次へとビタミン類が見つかるようになった為、

鈴木氏が発見したビタミンが一番初めのものとされビタミンB1と

名づけられたようです。言わばビタミンの歴史を開いた大発見だったと

言えます。ビタミンB1の化学名はチアミン(サイアミン)と呼ばれており、

このチアミンの働きによって体内に取り入れられた糖質を分解して

エネルギーに変換する酵素の働きを補うものとされており

「補酵素」と呼ばれています。従って体内でビタミンB1が不足すると

酵素の働きが悪くなり糖質分解が鈍ると不要な老廃物が蓄積され

「疲れ」「目まい」「しびれ」「眠気」などの症状が起ります。



これが冒頭で示した「かっけ」の症状をきたす原因のようです。

近年ではたくさんの食材に含まれていますので、極端にビタミンB1を

不足することがなくなり「かっけ」の症状を起こす人は見かけなく

なりましたが「不足ぎみ」の方は多いようで、これによって

「疲れぎみ」「運動能力の低下」「神経障害」「偏食」などに陥る傾向に

あるようです。ビタミンB1は必要以上に摂取しても水溶性のため

水に溶けやすく余分になった部分は排泄されますので取り過ぎの

心配がなく「過剰症」になることはまず考えられません。



逆に取り過ぎるくらい気にする必要があるのです。糖(ブドウ糖)は

脳のエネルギーとなる重要な栄養素ですから、エネルギーとなるように

十分に分解される必要があるためビタミンB1が不可欠です。

そのため脳の機能低下によって起る「疲労感」「倦怠感」「イライラ」

「直に飽きる」などの症状が現れたらビタミンB1不足を疑った方が

よいでしょう。また、エネルギーに変換される際に「乳酸」が発生しますが

ビタミンB1が不足すると、この乳酸が分解されずに残り体内に

蓄積されるため、全身をだるくしたり・神経や筋肉の働きを悪くしたりする

疲労物質となります。ビタミンB1を多く含む食材は「酵母」や

「米ぬか」ですが、一般家庭で実際の食事で取れるようなものでは

ないので、その他の含食品としてニンニク・レバー・大豆・

ピーナッツなどで補うと良いでしょうね。

Copyright 健康のための栄養補助食品 All Rights Reserved