ビタミンB6とは

のご紹介!!


ビタミンB6とは

のページ




 My Yahoo!に追加
INDEX <

ビタミンB6とは


健康のための栄養補助食品の栄養素(ビタミンB6とは)サイトへようこそお越しくださいました。当サイトでは現代人の健康維持に欠かすことが
できなくなった栄養補助食品の栄養素の一種(ビタミンB6とは)についての情報をご紹介しております。その必要性や医薬品との違い、
サプリメントと病気の関係、あるいはサプリメントとの関連が深い栄養素(ビタミン)、サプリメント関連商品のご紹介など様々な情報を
ご案内させて頂いております。是非お時間の許す限りご利用頂ければ幸いです。






サプリメントとは

サプリメントと医薬品

サプリメントと病気

サプリメントと健康

ビタミンAとは

ビタミンB1とは

ビタミンB2とは

ビタミンB6とは

ビタミンB12とは

ビタミンCとは

ビタミンDとは

ビタミンEとは

ビタミンPとは





※相互リンク募集中








ビタミンB6とは

ビタミンB6は「ピリドキシン」と呼ばれている

水溶性のビタミンです。 ピリドキシンは

特に女性のホルモンとの

関連性が大きいようで妊娠前のつわり、

あるいは月経中に起る頭痛やダルさなどの不快症状を

改善させる効果があるようで、そのため「生理活性物質」などと

呼ばれているそうです。また他のビタミンと同様にたんぱく質を身体に

吸収する際にも必要なビタミンで、食べ物から得た栄養を、

いったんアミノ酸に分解され、それから体に必要となるたんぱく質へと

作り変えらた後に初めて身体に吸収されます。しかしその際に十分な量の

たんぱく質が身体に吸収されれば問題ありませんが不足する場合もあり

その際に「酵素」の働きによって他のアミノ酸を作り変えて

不足した分のたんぱく質を補おうとします。この時の酵素の働きの

助けに欠かせない物質がピリドキシンです。



従って、ピリドキシンが不足して十分なたんぱく質(アミノ酸)を

吸収できないと、皮膚や髪や歯などの健康維持に問題が

起りかねませんね。また、たんぱく質(アミノ酸)が不足するということは

人間の成長にも関連しますので、子供の発育、あるいは妊婦さんの

健康維持にも影響があるらしいです。その他にも神経系の病気、

あるいはアレルギーなどの「免疫」に関する病気などとも関係が

深いようです。思春期の学生によく見かけられるのが

顔にブツブツが出きる湿疹や全体的なビタミン群不足で起る症状で

一番多く現れる口内炎がビタミンB6不足で起る症状として

目立ちます。従って皮膚病やアレルギーが起りやすい人は

心がけて摂取する必要がありますね。

Copyright 健康のための栄養補助食品 All Rights Reserved