ビタミンDとは

のご紹介!!


ビタミンDとは

のページ




 My Yahoo!に追加
INDEX <

ビタミンDとは


健康のための栄養補助食品の栄養素(ビタミンDとは)サイトへようこそお越しくださいました。当サイトでは現代人の健康維持に欠かすことが
できなくなった栄養補助食品の栄養素の一種(ビタミンDとは)についての情報をご紹介しております。その必要性や医薬品との違い、
サプリメントと病気の関係、あるいはサプリメントとの関連が深い栄養素(ビタミン)、サプリメント関連商品のご紹介など様々な情報を
ご案内させて頂いております。是非お時間の許す限りご利用頂ければ幸いです。






サプリメントとは

サプリメントと医薬品

サプリメントと病気

サプリメントと健康

ビタミンAとは

ビタミンB1とは

ビタミンB2とは

ビタミンB6とは

ビタミンB12とは

ビタミンCとは

ビタミンDとは

ビタミンEとは

ビタミンPとは





※相互リンク募集中








ビタミンDとは

ビタミンDは「カルシフェロール」と

呼ばれている脂溶性のビタミンで、

カルシフェロールとはその語句から

想像できるようにラテン語で「カルシウム」の

運び屋と言う意味をもつようです。

一般的にカルシウムと聞くと骨や歯を連想するのでその素材となる

ミネラルを思い浮かぶのでビタミンとは無関係のはずです。ところが

骨や歯が生成されるためにはカルシウムやリンなどのミネラルを

効率良く吸収させることで、丈夫で健康的な骨を形成・構成させることが

できるのですがミネラル類が多くあっただけでは骨に効率よく

吸収させることができません。そこでビタミンDが必要となるのですが、

食事から摂取されたビタミンDは肝臓と腎臓で活性型ビタミンDへと

作り変えられることでカルシウムやリンを効率良く吸収させ骨に

くっつけ易くします。また血中のカルシウムを骨や筋肉まで輸送する

働をし99%は骨に輸送されますが残りの1%の筋肉で、もし摂取量が

不足すると骨からカルシウムを輸送する働きもします。



また体内でカルシウムが不足してくると、残っているミネラルを

排泄されないように再吸収させる働きもしています。従って体内にある

骨や筋肉にカルシウムが不足しないように常に動かしながら調整して

いるため、それで「カルシウムの運び屋」と名づけられたのでしょうね?

ビタミンDを摂取するための食材は大別すると植物性食品と

動物性食品になりますが、これらは日光によって皮膚が紫外線を

受けビタミンD2(エルゴステロール)とビタミンD3(デヒドロ

コレステロール)とに変化するようです。両方とも体内では

同じ働きをしますので特別な違いはありませんが、ビタミンD3は

皮膚の中にあるプロビタミンD3が紫外線を受けることで

合成されビタミンD3へと変化するとされていますので、ある程度の

紫外線を毎日受けることでビタミンDは十分に摂取されていることに

なります。そのためビタミンDは別名「太陽のビタミン」とも

呼ばれているようです。ですから数分でも良いから毎日日光を

浴びるようにすると良いですね。但し浴び過ぎは皮膚がんを

起こす危険性があるので程度を考える必要があります。



以上のようにビタミンDは骨の発育・形成、あるいは歯の健康維持や

顎骨の強化などに必要不可欠な栄養素なのです。従って乳児が

正常な骨格に発育するためにも、あるいは日本食が欧米食へと

変化した為に起っている「カルシウム不足」による骨粗しょう症・

骨軟化症・筋肉障害・虫歯・歯のゆるみなどの症状にならないためにも

ビタミンD不足に注意を払う必要がありますね。

Copyright 健康のための栄養補助食品 All Rights Reserved