ビタミンPとは

のご紹介!!


ビタミンPとは

のページ




 My Yahoo!に追加
INDEX <

ビタミンPとは


健康のための栄養補助食品の栄養素(ビタミンPとは)サイトへようこそお越しくださいました。当サイトでは現代人の健康維持に欠かすことが
できなくなった栄養補助食品の栄養素の一種(ビタミンPとは)についての情報をご紹介しております。その必要性や医薬品との違い、
サプリメントと病気の関係、あるいはサプリメントとの関連が深い栄養素(ビタミン)、サプリメント関連商品のご紹介など様々な情報を
ご案内させて頂いております。是非お時間の許す限りご利用頂ければ幸いです。






サプリメントとは

サプリメントと医薬品

サプリメントと病気

サプリメントと健康

ビタミンAとは

ビタミンB1とは

ビタミンB2とは

ビタミンB6とは

ビタミンB12とは

ビタミンCとは

ビタミンDとは

ビタミンEとは

ビタミンPとは





※相互リンク募集中








ビタミンPとは


ビタミンPは「フラボノイド」と呼ばれている

水溶性のビタミン様物質です。

「ビタミン様物質」とはビタミンと同じような

働きをするがビタミン群では無いことを

示しています。

そのため日本ビタミン学会ではビタミンPはビタミン類では無いと

定められているようです。とは言うもののビタミンPは体内で重要な

働をしているのは事実でビタミンCの効力を十分に発揮させることの

できる物質です。ビタミンCには「抗酸化作用」がありますが、

その効力を果たす前に酸化してしまっては無意味です。



しかしビタミンPを摂取することでビタミンCの吸収を助ける作用が

あるので、酸化を防ぐ働きをします。またビタミンCはコラーゲンを作る

働きがありますがコラーゲンは毛細血管の健康に欠かすことの

できない結合組織です。つまりビタミンCの働きを助けるビタミンPは

毛細血管の健康維持にも欠かすことのできない物質となりますね。

具体的にはビタミンC「コラーゲン」が毛細血管を強く丈夫にするのに

対してビタミンPは血流を正常に循環させるためのメンテナンスを

行っているのです。毛細血管は栄養や酸素を体内で運ぶ重大な役目を

していますが何らかの原因で血管が傷つき栄養が漏れたり、

穴があいて出血が起ったら大変ですが、このような故障?が

起らないようにメンテナンスしているのがビタミンPなのです。



もちろん何らかの原因で毛細血管が傷つくとそこからウイルスや

細菌が入り込んで悪さをしたり、あるいはメンテナンスが行われないと

収縮作用に問題が生じて血液循環が悪くなるので高血圧になったり、

内出血が原因で起る病気を発症させたりする恐れもあります。

従ってビタミン群では無いとされているかわいそうな?ビタミンPは

人間の体内ではとても大切な働きをしているようです。

Copyright 健康のための栄養補助食品 All Rights Reserved