スピーチをスピーディーに話す

人生の中で誰でもが一度は経験するであろう「スピーチ」をどんな状況でも
スピーディーに話せるように、すぐに役立つ実例を紹介しています。

スピーチをする場面は様々ですが、ある程度その場面に合わせた
話す内容の文言を限定することができます。

例えばお祝いの席であれば「本日は誠におめでとうございます」
「幸せなご家庭を築き上げてください」「お祝いの言葉とさせて頂きます」
「今後のご活躍を大いに期待しております」などです。

このようにある程度必要とする一言を予め用意しておくことで
「いざ」と言う時に対応することができるし、もちろんその際のお話は
短くてよいので頭の片隅にでも入れておけば忘れることも無いでしょう。

逆に長い方が聞き手に嫌われますので簡潔で短めにした方が
相手に対して失礼にあたりません。

そこで当サイトで紹介している実例を元に、その中から貴方にあった文言を
見つけ組み合わせて、オリジナリティーあふれる?素敵なお話を作って下さい。

少なくともお客の立場として出席した場合の冠婚葬祭に必要となる
お話くらいは、あらかじめ準備しておくとよいでしょうね。

「いざ」という時に困らないように、またスピーディーにお話するためにも
当サイトをお役立て頂ければ幸いです。

 

スポンサードリンク

 

たくさんの人の前でお話を行うことは、とても緊張するものです。
私自身も人前に出てスピーチを行うと、頭に血が上って目の前が
ピリピリして心臓がドキドキになります。そのせいで暗記していた文言を
忘れてしまったり、緊張のあまり立っていると足がガクガクに震えたりします。
俗に言う「ステージ恐怖症」と言われる症状のことですね!!

ですから出きるだけスピーチの依頼は避けたいところですが、残念ながら
日本の風潮?として特にお祝いの席などでは、スピーチを辞退することは
相手に対して失礼にあたるとされていますので、頼まれたら一言でも
お話をしなければなりません。従って、当サイトの冒頭で案内している中で、
「人生の中で誰でも一度は経験するであろうスピーチ」と書いた次第です。

そこで、いろいろな場面で必要となるお話の参考例を紹介することで
少しでも突然の依頼に対応するためにも、また最低減の礼儀やしきたりに
反しないためにも、是非ともお役立て頂ければ幸いです。

参考例ですので全て真似るのもよいでしょうが、その場面に見合う文言は
結構決まった形式のものがあると思うので、例文の中から自分のお気に入りの
文言を見つけ出し、それを組み合わせることで、貴方なりのオリジナリティー
あふれる?スピーチを完成することができると思いますので、
そのような活用の仕方も良いでしょうね!!

 

何と言ってもスピーチのコツは「短く話す」です。どの文献や書籍などを見ても
必ずと言ってよいほど同じように書いてあります。何故か?と考えると、
特に上がり症の人・口下手な人・話不慣れな人などは、
たとえ素晴らしいスピーチを頭の中にインプットしていても
実際に口で披露しなければ何の意味がなく、または小さい声だったり、
文がメチャクチャになったりして相手に伝えられなければ、
何の役にも立ちません。

だからと言って紙を見ながらお話をすることは、相手に気持ちが伝えずらいし
格好も良くありませんね。

そんな時こそ、短くて忘れ難くて簡潔で明瞭なスピーチを心がければ
とりあえず無難にやり遂げることができると思います。

一見「無難なスピーチ」とはあまりありがたみも無く
気持ちも伝え難いように思えますが、実は意外にスピーチを行う際に
必要不可欠なことなのです。

特に長丁場となる式典やお祝いの席などでは予定時間も決まっているし
複数人がお話を行うので長話は主催者や聞き手にしてみれば、
あまりありがたいことではありません。

「早く周りの人とお喋りをしたい!!早く一杯やりたい!!早くご馳走を頂きたい!!」
または主催者側からすると、「会場の予約時間が気になる!!式が無事に
遂行できるか早くご馳走したい!!」という思うのが一般的だと思いますが、
そんな時に一人の人が長々とスピーチをすることで主催者も他のお客さんも
迷惑するに決まっています。

話す内容にしても、ある程度事前にまとめた文であれば少しくらい
長く披露しても良いでしょうが、何の準備も無く慣れで歯の浮くような
お世辞を言ったり、自分の話に酔いしれて良い気分になって一人よがりに
なったり長々と話すのは、とても不快なものです。

ですから「無難に話す」と言うことは主催者側にもお客さん達にも
喜ばれると思うし、お話をする側から見ても、たとえ下手な話でも短ければ、
特におめでたい席などでは皆さん許してくれるはずです。

何故なら長いスピーチをダラダラ話し続けるよりも、短くまとめて話した方が
何よりも聞き手に対しての「思いやり」になるからです。

それに、そもそもスピーチとは「雑談」「演説」と言う意味なので、
短く話しても相手に対して失礼にはあたらないと思います。

その他としては、話すスピードや話し方なども上手なお話の要素です。
まずはどんな内容のお話でもハッキリとメリハリを付けるように
話すことが大切です。

現在はマイクと言う素晴らしい拡声器がありますので少しくらい
小声であっても十分に聞こえます。

しかし相手の耳に聞こえても心には聞こえません。相手の心に届けるには、
話し手の言葉で、また拡声器があったとしても話に強弱をつけて
話することが大切です。

それと広い会場の場合、身振り手振りをすることで離れた相手に声と共に
アピールすることができます。チョボチョボ話したのでは話は聞こえても
姿形が小さく見えるので聞き手に対しての印象が悪くなるし、
もちろん相手の心まで話が届きません。

それと話すスピードも大切です。短いお話であればあるほど一言を大切に
話さなければ、あまりにも短過ぎるお話になってしまう恐れがあります。

厳粛な雰囲気を保つためにも最低2~3分くらいに収まるような
400語~500語程度のスヒ゜ーチになるようにすると良いでしょうね!!

さらに、スピーチのネタは単庫本や雑誌などから見つけることもいいのですが、
最近ではネットが普及し簡単に情報が集められますのでそれを使う手もありです。

特に堅いスピーチをする際は最初から最後までお堅い話をしても
面白くはありません。

そこで冗談話とか最近の芸能人情報とか最新ニュースなどをおり
混ぜて話すことで

周りの皆さんを和まして、さらに自分のスピーチに注目を
集めさせることもできます。

 

スポンサードリンク