∬ 新年会でのスピーチ

年中行事とは、形式的に必ず行う忘年会・新年会・誕生日会や
不定期で行われるお祝いやお別れ会などがあります。

さらに学校での行事・会社での行事・身内での行事等など、
たくさんありますので、全ての例スピーチを紹介するのは困難ですから、
年中に必ずと言ってよいほど行われる可能性が高い行事の
スピーチに絞って紹介しております。

年初めや年終わりに必ず催される新年会・忘年会、祝賀会や誕生日会などの
お祝いでのスピーチ、あるいは入社や退社などの会社に関連する
スピーチなどに絞って紹介しております。

何れにしてもスピーチの仕方はケースバイケースが大切で、
忘年会や新年会などの楽しい席では、観客が盛り上がるような短めの話し方、
逆に形式だった厳粛な会では改まったスタイルで、ある程度決まっている
言い回しなどを含めながら誠意を持った前向きな話や生き生きとした
メリハリのある話をすることが大切です。

誕生日会でも子供の時と大人が行う時では、もちろん内容が違いますので、
それなりに合った話をすることが望まれます。

ですからその時や場所や会場によって話す内容やスタイルなどが異なりますので
ケースバイケースでの対応が必要です。

 

スポンサードリンク

 

☆☆☆ 新年会でのスピーチ ☆☆☆

新年会でスヒ゜ーチを行う人は幹事や会社の上司などです。
新年会は外国人などにとってはあまり深い意味が無く行われることはありません。

日本人独特の行事と言えます。幹事などのスヒ゜ーチは仕事の面から見たときに、
今年一年良い仕事が出きるように気合を入れて頑張れるような
「今年はやるぞ!!」などの力がこもった意気込みを含めて
軽くスピーチをすると良いでしょう。

この時に周りの客が賛同できるような「頑張るぞ」「やるぞ」「いくぞ」などの
短い言葉を使うと会が更に盛り上がると思います。

上司などのスピーチは上司の位によっても異なると思いますが、一般的には
その年の会社の方針とか社員の結束力を強くするような言葉を述べると
良いでしょうね。

但し、決して独りよがりになって長い話をダラダラとするのは駄目です。
その上司のその年の社員の見方が決まる恐れがありますので、
上司らしい挨拶をすることが大切です。気をつけましょう。

いずれにしても新年の一発目の挨拶なので、
景気づけするような話をすると良いですね。

 

 

∬ 関連リンク ∬

幹事の挨拶
上司の紹介

 

スポンサードリンク