・ 上司の紹介

☆☆☆ 忘年会でのスピーチ ☆☆☆

忘年会でのスピーチで心得ることは、一年間の溜まった体の垢を取り除いて、
快適な状態にするようなムード作りを心得て話さなくてはいけません。

また忘年会は基本的にその年の苦も楽しく忘れるために開かれるものですから、
上司が居れば無礼講となるのが普通です。

ですから上司などの挨拶はザックバランに格式にこだわらずに、
簡単な一年を振り返ってのスピーチを行えば良いと思います。

 

スポンサードリンク

 

幹事の挨拶としては、ほとんどの場合司会を兼ねるのが普通ですから、
司会をしながら行うことになると思いますので、改まったスピーチを
行う必要は無いと思いますが、宴の初め・終わりにはある程度の挨拶は
必要になることでしょう。

宴会を始める定刻が来たら参加者の状況を見て、
ある程度の出席者数であれば開始の挨拶をします。

その時に必ず話さなくてはいけない事として、宴会の流れや終了時刻、
そして一番大切なことはもし会社が出費をしていたら、それを出席者に伝え
感謝のひと言を述べることです。

上司など居たらなおさらのことです。但しあまりにもクドクドと
お礼ばかり話すと、宴会が「しらける」恐れがありますので
感謝の気持ちを社員を代表してひと言話す程度で良いと思います。

終宴の場合は、上司の参加へのお礼の言葉を述べ、終宴の挨拶をし
次の二次会・三次会の会場の案内などを行います。

この時も、出席者はかなり酔っていると思いますので
簡単な挨拶で良いです。

 

 

◎◎ 上司の紹介 ◎◎

皆さんお疲れ様です。
今年も恒例の忘年会シーズンとなりましたが、私は正直なところ
まだ忘年するという気分にはなっていませんが、今年の残り少ない
日数での仕事をしっかりと出きるように
今夜は大いに盛り上がりましょう。

またせっかくの忘年会ですから、大いに「ウサ」を晴らして明日からの
活力源になるように、いやなことはさっさと忘れて、おおいに飲んで
歌ってにぎやかにやりましょう。

 

皆さん。今年一年お疲れ様でした。
今年の後半は不景気に見まわれ、忘れたくても忘れられない
出来事が多々ありましたが、本日は世界でも類を見ない日本独自の
伝統行事「忘年会」ですので、文字通りの会になるように
盛り上がりましょう。

飲んで歌って楽しんで、今年の憂さを洗い流しましょう。
もちろん無礼講で。

 

スポンサードリンク