∬ 初七日でのスピーチ

葬式は、その地域によってやり方が違う場合が多く、
例えば火葬後に葬式をしたり逆だったりしますし、また通夜を大きく行ったり、
または細々と行ったり、さらに告別式があったり無かったりと
様々な違いがあります。

ですが、形式上のスピーチはほとんど決まっていますので、
その通りに行うと良いです。

あまりアレンジなどは入れる必要が無く、あくまでも無難で丁寧に「お悔やみ」の
心を持って一言一言をゆっくりとハッキリ話すと良いでしょう。

スピーチに取り入れる話として基本は3つあると思います。
①亡くなった本人の生前のエピソードなど、
②亡くなったご家族へのお悔やみ、
③自分が手伝いできることを申し出ること。

以上のことを取り入れると失礼なく話ができると思います。

また葬式等では、正座をする方がほとんどですので長話は禁物です。
亡くなった家族が悲しみをこらえ、無理をしている場合がありますので、
早めに終えるように心がけましょう。

田舎の葬式では、葬式後にたて続けて三十五日を行うケースがあり
長丁場になりますので、やはり長話はしない方が好まれます。

椅子の場合も家族のことを考え、長話は控えた方がよいと思います。

 

スポンサードリンク

 

☆☆☆ 初七日でのスピーチ ☆☆☆

初七日とは、亡くなった日を含めてから7日に行う法要のことです。

また、葬儀を終えてから初めて行う法事でもあります。初七日で挨拶を行うのは
基本的には喪主か遺族で、故人の冥福を祈ったり思い出話など行う会場で
食事前に行います。

集まる人は親族や故人が生前時にお世話になった人などで、
多人数ではありません。

そのため、話の長さはある程度長くても良いと思いますが、
故人の生前をよく知った方々ばかりですから、それ程の話も無いと思います。

ですので、初七日に出席していただいたお礼を述べ、葬儀でのお礼、
あるいはエピソードなどを話すと良いでしょうね。会場を終える

際の挨拶も、出席していただいたご苦労への感謝の言葉など、
一般的なもので良いでしょう。

 

 

◎◎ 妻を亡くした場合の挨拶 ◎◎

本日は、ご多忙の中(妻名)の初七日においでいただきまして
誠にありがとう御座います。葬儀の際には皆様方の
お力沿いをいただきまして、とどこおりなく無事に終えることができました。
本当に心より御礼申し上げます。

本日は初七日を迎え妻(妻名)の初めての法要で御座いますので、
生前の思い出話やエピソードなどをたくさん語って
いただければと思います。

誠にお粗末なおもてなしで申し訳御座いませんが、お時間が許す限り
ごゆっくりとお過ごし下さい。

本日はありがとう御座いました。

 

◎◎ 夫を亡くした場合の挨拶 ◎◎

先日の亡き夫の葬儀では、皆様方にたいへんお世話になり心より
御礼申し上げます。お陰さまで私共遺族は、ようやく落ち着きを
取り戻し本日初七日を迎えることとなりました。

葬儀の際はたいへん取り乱したことをお詫び申し上げます。

本日は、十分なおもてなしはできませんが夫の思い出話でもしながら
ごゆっくりとお過ごし下さいませ。

宴会好きだった夫もあの世で一杯飲んでいることと存じますので、
皆様もご遠慮なく楽しくしていただければと思います。

本日はお忙しの中、亡き夫のためにお越しくださいまして、
誠にありがとう御座いました。

 

スポンサードリンク