∬ 通夜でのスピーチ

葬式は、その地域によってやり方が違う場合が多く、
例えば火葬後に葬式をしたり逆だったりしますし、また通夜を大きく行ったり、
または細々と行ったり、さらに告別式があったり無かったりと
様々な違いがあります。

ですが、形式上のスピーチはほとんど決まっていますので、
その通りに行うと良いです。

あまりアレンジなどは入れる必要が無く、あくまでも無難で丁寧に「お悔やみ」の
心を持って一言一言をゆっくりとハッキリ話すと良いでしょう。

スピーチに取り入れる話として基本は3つあると思います。
①亡くなった本人の生前のエピソードなど、
②亡くなったご家族へのお悔やみ、
③自分が手伝いできることを申し出ること。

以上のことを取り入れると失礼なく話ができると思います。

また葬式等では、正座をする方がほとんどですので長話は禁物です。
亡くなった家族が悲しみをこらえ、無理をしている場合がありますので、
早めに終えるように心がけましょう。

田舎の葬式では、葬式後にたて続けて三十五日を行うケースがあり
長丁場になりますので、やはり長話はしない方が好まれます。

椅子の場合も家族のことを考え、長話は控えた方がよいと思います。

 

スポンサードリンク

 

☆☆☆ 通夜でのスピーチ ☆☆☆

通夜で行うスピーチや挨拶としては、急な弔問の際の簡単な挨拶や
喪主の簡単なスピーチなどです。

いずれのケースでも通夜は亡くなった人の冥福を祈ることと、あの世に立つまで
守ってあげるために集まる席のことですから、それを踏まえた上で言葉を
述べましょう。

弔問する客のほとんどは、生前親しい間柄の人達ですので、一報を聞いて
直に駆けつけたために私服であることが多く、その旨を知らせした上で、
自分と亡くなった方との間柄を話します。

そしてお悔やみの言葉で親族へ挨拶します。もし自分に時間の余裕が
あるような場合は、お手伝い出きることを申し出ることも大切です。

但し、あまりにも亡くなった家族が辛い状況下では取り乱したり
することがあるので、誠意を持ってゆっくりと話すことが大切です。

もちろん弔問者自身もあまりの悲しさで頭の中が真っ白になり話すのも
辛くなったら、あえて口数を多くする必要は無く遺族に誠意が伝われば
それで良いと思います。

喪主のスピーチも悲しみが大きいと思いますので、改まった言葉は必要なく、
弔問へのお礼と、無念や悲しみなどの今の率直な思い、
生前の感謝などを話せば十分に参加者に礼儀を果たしたと
理解されるはずです。

また、通夜が終わる時刻も深夜になると思いますので、あまり長話すると
かえって出席者に気を使わせてしまい、さらに帰りを遅くする可能性が
ありえますし、お手伝いさんにも迷惑がかかってしまうので
やはり短いスピーチがベストだと思います。

 

 

∬ 関連リンク ∬

弔問の際の挨拶
喪主の挨拶

 

スポンサードリンク