∬ 弔辞のスピーチ

葬式は、その地域によってやり方が違う場合が多く、
例えば火葬後に葬式をしたり逆だったりしますし、また通夜を大きく行ったり、
または細々と行ったり、さらに告別式があったり無かったりと
様々な違いがあります。

ですが、形式上のスピーチはほとんど決まっていますので、
その通りに行うと良いです。

あまりアレンジなどは入れる必要が無く、あくまでも無難で丁寧に「お悔やみ」の
心を持って一言一言をゆっくりとハッキリ話すと良いでしょう。

スピーチに取り入れる話として基本は3つあると思います。
①亡くなった本人の生前のエピソードなど、
②亡くなったご家族へのお悔やみ、
③自分が手伝いできることを申し出ること。

以上のことを取り入れると失礼なく話ができると思います。

また葬式等では、正座をする方がほとんどですので長話は禁物です。
亡くなった家族が悲しみをこらえ、無理をしている場合がありますので、
早めに終えるように心がけましょう。

田舎の葬式では、葬式後にたて続けて三十五日を行うケースがあり
長丁場になりますので、やはり長話はしない方が好まれます。

椅子の場合も家族のことを考え、長話は控えた方がよいと思います。

 

スポンサードリンク

 

☆☆☆ 弔辞のスピーチ ☆☆☆

弔辞は、告別式など行う場合はその場で、告別式などが無い場合は
葬式などで設けられます。

弔辞は、亡くなった人へささげる最後の言葉で巻紙や奉書などに
あらかじめ書いておき、それを読み上げます。

ですから通常のスピーチのように、その場で思いついたことを延べたり
するものではありません。

言葉の内容としては、その故人の生前の活躍したことや業績などを話、
さらに偲ぶことなどを話します。

また、残された遺族に対し慰めや励ましの言葉も取り入れます。
読み上げたら霊前に供えます。

文書の量としては、あまり長過ぎるのは好まれませんが、弔辞の場合、
短過ぎるのは亡くなった人への思いが少ないように感じられ良くありません。

無理して美辞や麗句などは使わなくても良いので貴方なりの
貴方の言葉で話すと、素晴らしい弔辞になるはずです。

弔辞は故人へささげる言葉ですから、出席者に話すものでは無いので
周りを気にする必要は一切ありません。

あくまでも故人に語りかけるものですから、その気持ちを忘れずに
語りかけましょう。

 

 

 

スポンサードリンク