∬ 卒業式でのスピーチ

学校の行事で一番大きいものとして、ご存知のように入園・入学式や卒園
卒業式があります。

また保護者を含まない校内の行事として、運動部の激励会や
表彰式なども行われます。

入園や入学式の学校側の代表のスピーチとして大切なことは、
保護者や子供達がこれからの学校生活に期待を抱かせるような
挨拶をすることが大切です。

但し、年齢が低いほど集中力が欠けるのが早いので、入園の場合は
長話は避けた方が無難です。

初めは緊張しているのでおとなしいですが、時間と共に収拾が
つかなくなって行きます。

子供達にしてみれば入園式の大切さなど理解していないのですから、
それ程気を使って話さなくても良いと思います。

むしろ子供達に話すふりをしながら、保護者の皆さんに語るように話した方が
短く出きます。

来賓や保護者代表などの場合は、お祝いの言葉を述べ聞く側が
子供達であることを自覚した内容の話をすると良いと思います。

卒園や特に卒業式の場合、涙涙になると思いますので話すのも一苦労です。

ですからあまり周りを気にせずに落ち着いて、涙が引いてからゆっくりと
はっきりした言葉で伝えることが大切だと思います。

泣きながらうまく話せないことは周りのみなさんに十分理解されていますから、
うまく話せなくても失礼にはあたりません。

学校側や保護者代表、あるいは来賓のスピーチとしては、
お祝いの言葉を述べ、将来の期待や活躍などを含めて話すと良いでしょう。

生徒側としては、恩師や後輩、保護者への感謝の言葉やお別れの言葉、
あるいは後輩達へのメッセージなどを含めた内容の話をします。

学校内行事の例えば運動部の激励会のスピーチとしては、
励ますのが目的ですので「頑張れ」とか「期待している」とか「気合だ~」などの
選手がやる気になるような激しいスピーチをすると良いでしょう。

但し全校生徒が見ていると思いますので、あまりにも行き過ぎた話は
避けましょう。

表彰式などでは、労いやお祝いの言葉をたくさん含め、
次の活躍に結びつけるようなスピーチをすると良いでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

☆☆☆ 卒業式でのスピーチ ☆☆☆

小学校の場合、6年間という長い日々の総括になるので、
児童にとっても保護者にとっても一生の思い出になると思います。

従って、喜びの中にも厳粛な雰囲気で行われますので小学校とはいえ、
あまり軽々しい話にならないように注意しなければなりません。

6年間を振り返って、例えば??部が活躍したこと、あるいは校内行事の
思い出話などを含めてスピーチを行うと良いと思います。

また小学校で学んで身に付いたこと、これから期待すること、
卒業のお祝いなども含めると良いですね。

但し、注意しなくてはいけないことは入学式と同様に、親がいない子供、
あるいは片親の子供、さらに別親に育てられている子供や、
身体障害の子供などがいるケースもありますので、それに配慮したスピーチを
しなくてはいけません。

中学・高校の卒業式の場合は、あくまでも大人扱いした内容や
話し方をしなければならないと思います。

中学の場合は、全く面識のない学生と過ごすことになる高校入学において、
不安や心配が大きいと思いますので、それを払拭するような
話をすると良いでしょう。

高校の場合は、主に進学か就職とに分かれますが両方に共通することとして、
大人の仲間入りをするのだから何事も自己責任になり、子供の頃の甘えは
通用しなくなること等を自覚させるような話をすると良いでしょうね。

また、進学者に向けては受験を頑張ること、就職者にはどんな嫌なことも
諦めなければ必ず良いことがある、などの応援するようなスピーチを行うと
良いでしょうね!!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク