・ 小学校での卒業式の挨拶

☆☆☆ 卒業式でのスピーチ ☆☆☆

小学校の場合、6年間という長い日々の総括になるので、
児童にとっても保護者にとっても一生の思い出になると思います。

従って、喜びの中にも厳粛な雰囲気で行われますので小学校とはいえ、
あまり軽々しい話にならないように注意しなければなりません。

 

スポンサードリンク

 

6年間を振り返って、例えば??部が活躍したこと、あるいは校内行事の
思い出話などを含めてスピーチを行うと良いと思います。

また小学校で学んで身に付いたこと、これから期待すること、
卒業のお祝いなども含めると良いですね。

但し、注意しなくてはいけないことは入学式と同様に、親がいない子供、
あるいは片親の子供、さらに別親に育てられている子供や、
身体障害の子供などがいるケースもありますので、それに配慮したスピーチを
しなくてはいけません。

中学・高校の卒業式の場合は、あくまでも大人扱いした内容や
話し方をしなければならないと思います。

中学の場合は、全く面識のない学生と過ごすことになる高校入学において、
不安や心配が大きいと思いますので、それを払拭するような
話をすると良いでしょう。

高校の場合は、主に進学か就職とに分かれますが両方に共通することとして、
大人の仲間入りをするのだから何事も自己責任になり、子供の頃の甘えは
通用しなくなること等を自覚させるような話をすると良いでしょうね。

また、進学者に向けては受験を頑張ること、就職者にはどんな嫌なことも
諦めなければ必ず良いことがある、などの応援するようなスピーチを行うと
良いでしょうね!!

 

 

◎◎ 小学校での卒業式の挨拶 ◎◎

卒業生の皆さん、本当におめでとう!!今日お越しいただいた
ご来賓の皆様、保護者の皆様、職員一同、下級生の皆さん、
この体育館にいる全ての皆さんが卒業を祝福しております。

皆さんは本日をもって??小学校を卒業し中学生となります。
心の準備は出きているでしょうか?この小学校生活での6年間は、
いろいろなことがあったと思います。

運動会や遠足、修学旅行、これは友達との団体生活を学ぶ機会に
なったはずです。

また先生に叱られたり、友達とけんかしたり、これは謙虚な気持ちを
持つことと新たな友情を作ることが出きたはずです。

時に悲しく・時に辛く・時に楽しく、たくさんの経験をしたことでしょう。
しかしそれは全て良い思い出になったはずです。

その思い出は皆さんの人生において大いに役立つはずです。
そのことを忘れずに、これからも頑張ってください。

中学校では、今までの勉強よりも更に難しくなります。
算数が数学へと変わり、英語の教科も増えます。
また運動でも先輩達が厳しく指導してくれます。

でも、焦ることはありません。小学校で学んだことを基礎として、
分からないことがあったら遠慮せずに先生達へ
ドンドン質問をしてください。

その都度、きちんと理解しないまま進むと、学習について
行けなくなりますので、家庭での学習や復習も
しっかりと行ってください。

小学校と違い遊んでばかりでは駄目です。遊ぶ元気があったら
部活動を励んでください。

皆さんが立派な中学生になることを願っております。

最後に、保護者の皆様、本日は誠におめでとう御座います。
ご立派に成長なされた我が子の姿を見て、さぞ嬉しさで
いっぱいのことと存じます。

これからは、この子供達は思春期を向かえ、子育てがもっと
大変になることと存じますが、我が子をしっかりと見守って
頑張ってください。

子供は親の姿を見て育ちます。皆様が頑張れば子供達もきっと
良い大人へとなるに違いありません。

そのことをお願いし、お祝いの言葉とさせていただきます。

 

(両親健在を確認済みであること)

皆さん、ご卒業おめでとう御座います。1年生から共に勉強してきた
仲間と一緒に卒業が出きて、嬉しさもひとしおのことだと思います。

先生方も、ご家族の皆さんも、皆さんの卒業を誰よりも待ち望んで
いたことでしょう。

そして無事本日の卒業式を迎えられ、さぞかしお喜びのことでしょう。

皆さんは小学校で周りの人達への感謝の気持ちや何事も諦めずに
努力することの大切さなどを学んだはずです。

そのことを中学校に行っても忘れずに、しっかりと頑張ってください。

人として立派な中学生になっていただくことを願い、
挨拶にかえさせていただきます。

本日はおめでとう御座います。

 

スポンサードリンク