∬ 新郎・新婦のスピーチ

披露宴でのスヒ゜ーチで一番大切なことは「硬く成り過ぎない・しかし柔らかく
成り過ぎない」だと思います。

一般的に招待される客は普段の生活で合う機会の多い親族・親戚や友人・
同僚などですので、あまりにも硬い話ばかりしても面白くも可笑しくも
ありませんよね。

むしろちょっとくらいのジョークを言ってもお祝いの席ですから失礼には
あたりませんし会場の雰囲気を盛り上げるためにも必要です。

しかし恩師や上司なども招待する場合も多いので、あまりにも柔らか過ぎても
駄目なのです。
ですから「硬く無く・しかし柔らか過ぎず」が大切なことだと思います。
(但し、挙式のような形式的な会場では柔らかいのは絶対に駄目です。)

 

スポンサードリンク

 

☆☆☆ 新郎・新婦のスピーチ ☆☆☆

新郎・新婦の挨拶で、まず初めに話すことは披露宴に出席してもらった
皆さんへのお礼と祝辞などへの感謝をします。

最近では新婦の場合、式中に親に感謝の手紙を呼んだりして、
直接お客さんへ挨拶するのは新郎やその父親で、
新婦が挨拶をするケースはあまり見なくなりました。

基本的には、招待状に両名の名前で出した場合は新郎・新婦が
挨拶をすることが礼儀です。

しかし最近ではまず新郎の父親が出席者に礼を述べ、続いて新郎が
お礼や抱負を語るケースがほとんどです。
新郎・新婦の挨拶は短いもので構いません。むしろ短い方が良いのです。

言いたいことはたくさんあるかもしれませんが、基本的には親の方が先に
挨拶をしますので、その後に長々話したのでは、親の立場が無くなる
恐れがあります。ですから無理して話さなくても良いのです。

話し方も出席者から今後期待されるように、若々しく元気にテキパキと
爽やかな感じで行うと良いでしょう。

話の内容としては、新生活での抱負や決意、あるいは今後にかける
誓いなどを話します。

そして必ず話の締めとして出席者へ、今後とも力沿いをいただくことや
ご指導などの協力をもらうような言葉でお願いをします。

披露宴の主役の言葉ですから間違わないように事前に準備しておきましょう。

 

 

∬ 関連リンク ∬

新郎の挨拶
新婦の挨拶

 

スポンサードリンク