∬ 司会者のスピーチ

披露宴でのスヒ゜ーチで一番大切なことは「硬く成り過ぎない・しかし柔らかく
成り過ぎない」だと思います。

一般的に招待される客は普段の生活で合う機会の多い親族・親戚や友人・
同僚などですので、あまりにも硬い話ばかりしても面白くも可笑しくも
ありませんよね。

むしろちょっとくらいのジョークを言ってもお祝いの席ですから失礼には
あたりませんし会場の雰囲気を盛り上げるためにも必要です。

しかし恩師や上司なども招待する場合も多いので、あまりにも柔らか過ぎても
駄目なのです。
ですから「硬く無く・しかし柔らか過ぎず」が大切なことだと思います。
(但し、挙式のような形式的な会場では柔らかいのは絶対に駄目です。)

 

スポンサードリンク

 

☆☆☆ 司会者のスヒ゜ーチ ☆☆☆

挙式でも披露宴でも言えることですが、その式典を成功させるか失敗
するかは、「司会者」にかかっていると言っても過言では無いと思います。

会場で一番初めに声をあげるのはもちろん司会者であり、開演を告げる
重大な役割があります。

そのため初めの言葉によって式がうまく良くか、いかないかを左右する恐れが
ありますので、十分な練習と打ち合わせが必要です。

また自分の印象を上げるためにも初めに式が成功するように努力する意志の表明と
式に招かれたことと司会を任されたことに対して感謝をすると良いでしょうね。

また明るく・楽しく振り舞うことで会場の雰囲気が良くなり客を味方に付け
順調にプログラムを進行できるようになります。
もちろん言葉は丁寧語で話さなくてはいけません。

柔らかい式でも、あまり砕け過ぎた言葉は使わない方が無難です。
時には客に対して発言を求めなくてはいけない場合もありますが、その場合は
相手の自尊心を傷つけない無いように十分注意し発言をしなければなりません。

いずれにせよ乱暴な言葉づかいや一般的にお祝いの席では使ってはいけない言葉
例えば「別れる・壊れる・離れる・去る・終わる」などを使わなければ
おめでたい席ですので特に問題は無いと思います。

ポイントは《始め良ければ全て良し》という言葉があるのですから、
早めに出席者の心を掴むと良いでしょう。

 

 

∬ 関連リンク ∬

開演の挨拶
晩酌人の紹介
主賓の紹介
終演の挨拶

 

スポンサードリンク