・主賓の紹介

☆☆☆ 司会者のスピーチ ☆☆☆

挙式でも披露宴でも言えることですが、その式典を成功させるか失敗
するかは、「司会者」にかかっていると言っても過言では無いと思います。

会場で一番初めに声をあげるのはもちろん司会者であり、開演を告げる
重大な役割があります。

 

スポンサードリンク

 

そのため初めの言葉によって式がうまく良くか、いかないかを左右する恐れが
ありますので、十分な練習と打ち合わせが必要です。

また自分の印象を上げるためにも初めに式が成功するように努力する意志の表明と
式に招かれたことと司会を任されたことに対して感謝をすると良いでしょうね。

また明るく・楽しく振り舞うことで会場の雰囲気が良くなり客を味方に付け
順調にプログラムを進行できるようになります。
もちろん言葉は丁寧語で話さなくてはいけません。

柔らかい式でも、あまり砕け過ぎた言葉は使わない方が無難です。
時には客に対して発言を求めなくてはいけない場合もありますが、その場合は
相手の自尊心を傷つけない無いように十分注意し発言をしなければなりません。

いずれにせよ乱暴な言葉づかいや一般的にお祝いの席では使ってはいけない言葉
例えば「別れる・壊れる・離れる・去る・終わる」などを使わなければ
おめでたい席ですので特に問題は無いと思います。

ポイントは《始め良ければ全て良し》という言葉があるのですから、
早めに出席者の心を掴むと良いでしょう。

 

◎◎ 主賓の紹介 ◎◎

ご媒酌人からの心あたたまるご挨拶と新郎・新婦のご紹介に引き続きまして
新郎・新婦の輝かしい将来を祝し、新郎側の主賓として新郎の高校時代の
部活動の恩師でいらっしゃる、???高校の(主賓)先生から
ご祝辞をたまわりたいと存じます。(主賓)様、宜しくお願い申し上げます。

 

次に本日の主賓として、??株式会社社長(主賓)様をご紹介申し上げます。
(主賓)様は新郎の父、(新郎父名)様と親戚であられまして新郎のことは
幼い時からよく存じ上げてあらせられます。
また新婦の(新婦)さんのことも両人がお付合いしている頃から
存じてあらせられ、本日のこの良き日に辿りつくまでのエピソードなどを
よく存じてあらせられます。

ですから、ご挨拶の中で新郎新婦のことを詳しくお聞きできることと存じます。

また、主賓としてのご挨拶を心よくお引き受けくださいましたことを、
この席をおかりして厚く御礼申し上げます。

では(主賓)様、宜しくお願い申し上げます。

 

スポンサードリンク