∬ 友人のスピーチ

披露宴でのスピーチで一番大切なことは「硬く成り過ぎない・しかし柔らかく
成り過ぎない」だと思います。

一般的に招待される客は普段の生活で合う機会の多い親族・親戚や友人・
同僚などですので、あまりにも硬い話ばかりしても面白くも可笑しくも
ありませんよね。

むしろちょっとくらいのジョークを言ってもお祝いの席ですから失礼には
あたりませんし会場の雰囲気を盛り上げるためにも必要です。

しかし恩師や上司なども招待する場合も多いので、あまりにも柔らか過ぎても
駄目なのです。
ですから「硬く無く・しかし柔らか過ぎず」が大切なことだと思います。
(但し、挙式のような形式的な会場では柔らかいのは絶対に駄目です。)

 

スポンサードリンク

 

☆☆☆ 友人のスピーチ ☆☆☆

友人代表として挨拶をする場合、誰よりも新郎・新婦の私生活を
知っている人物だとして、会場の皆さんは「どんな馴れ初めだったんだろう」
「交際中にどんなエピソードがあったんだろう」「挙式までの流れ」などの
爆弾発言が飛び出すことを期待して聞いています。

また、ほとんどの場合友人代表の挨拶は式の中盤で行いますので、
お客さんもアルコールが入って気分が良くなっています。

ですから、ユーモア溢れるスピーチで、是非その期待に応えましょう。
但し、ここで勘違いしていけないことは、ユーモアとは人を笑わせたり
楽しませることを示しているのであり、人を傷つけたり、過激な発言、
不愉快に思わせるブラックユーモア的な話は、おめでたい席であっても、
決して許されるものではありませんので注意しましょう!!

あくまでも新郎・新婦を盛り上げるような話であれば問題ありません。
例えば、貴方が男性の場合、新婦を慕っていたら「実は私も新郎同様に
(新婦名)さんに憧れていました」等と素直な気持ちを話すと、
新婦はとても素敵な方でモテモテだったんだな~っと
出席者に伝えることができ新婦を引き立てることができます。

逆に貴方が女性で後輩の場合、「(新郎名)先輩を大好きだったんですが、
(新婦)さんに取られちゃいました」等も同じような効果があります。
新郎・新婦に対しても、羨ましい気持ちを述べることで二人を
祝福することになります。

友人だからこそ知っている、私的なエピソードや交際中&結婚までの
紆余曲折などの出席者から期待されることを話すように心がけると良いでしょう。

 

 

∬ 関連リンク ∬

新郎の友人の挨拶
新婦の友人の挨拶

 

スポンサードリンク