・ 新郎側の主賓の挨拶

☆☆☆ 司会者のスピーチ ☆☆☆

一般的に主賓として選ばれる人は、披露宴に出席した招待客の中の
代表として挨拶をします。また選ばれる人は新郎・新婦側から一名ずつ
というのが一般的です。

基本的に披露宴の初めに挨拶をしますので、あまりたくさん選考すると
スピーチが長くなるため、出席者が飽きてしまい話を聞いてもらえなくなります。
従って両家一名ずつがよいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

一般的に主賓として選ばれる人は、披露宴に出席した招待客の中の
代表として挨拶をします。また選ばれる人は新郎・新婦側から一名ずつ
というのが一般的です。

基本的に披露宴の初めに挨拶をしますので、あまりたくさん選考すると
スピーチが長くなるため、出席者が飽きてしまい話を聞いてもらえなくなります。
従って両家一名ずつがよいでしょう。

主賓の選考基準としては、新郎・新婦にもっとも深く関係した方が
選ばれるのが一般的なので、地位の高い方で出席者の代表として
祝辞を述べます。

また、主賓のスピーチ後に挨拶をされる方が、自分より地位が高かったり、
お年を召した方と分かっている時は失礼の無いように話す前文に
「僭越では御座いますが、ご指名いただきましたので」等から
始めると良いでしょう。

また話す内容としても、式の初めの方で主賓のスピーチを
もとめられますから出席者の集中力は十分で耳を大きくして聞いています。

ですから、あまり個性が強かったりお説教調になって話が重苦しくなるようでは
困ります。また自分の体験を繰返して延べたり、政局や仏教系の話も避けると
良いでしょう。

そして主賓の挨拶で最も大切なことは、もし新郎・新婦または出席者が
起立した状態である時は、一度皆さんに着席を促すことなのです。

何故かと言うと、一般的に出席者は着席をしてスタートしますが、
新郎新婦や媒酌人は入場してそのまま起立の状態で司会者の
挨拶からスタートします。

その後媒酌人の挨拶が行われますが、まさかこの時に両人が
着席するわけにはいきません。

そのため司会者⇒媒酌人⇒主賓の挨拶・・・とつながって行きますが、
この時主賓の挨拶のところが一番着席をさせる最も良いタイミングなのです。

逆にこのタイミングを失うと、その後に挨拶をする人達の地位から見ても
着席を促がすことが難しくなります。
そうなると主催者側の人達はいちいち起立した状態で聞かなくては
いけなくなります。

ですから主賓は話す前文で必ず着席をすすめて座るのを見届けてから
話始めるのがマナーなのです。

また、主賓はいわば披露宴への出席者代表のオープニングスピーチを
飾るのですから、その話す内容次第で後々の方達の話す内容に
大きく影響を与えかねません。

長ければ後の方も長く話さないと誠意などがこもって無いように
見られかねないし、あまりにも強烈なキャラを出すと後の方は
何を話したらよいか戸惑ってしまいます。

ですので、内容は前後の方のことも考えて話すと良いと思います。

 

 

◎◎ 新郎側の主賓の挨拶 ◎◎

新郎・新婦並びにご両家のご両親・ご親族の方々、本日は誠に
おめでとう御座います。

新郎の(新郎名)君で御座いますが、只今ご媒酌人からご紹介が
御座いましたように、わたくし共の会社に入りましてコンピューターの
プログラム開発を担当しております。

最近ではSEと申します資格を見事に取得し、今後その資格を十二分に
発揮されることだと期待されております。

SEとはシステムエンジニアの略語で御座いまして、情報処理試験の中では
最高ランクの資格で御座います。そのため合格率もかなり低いため
難しい試験で御座います。

それを昨年、見事に合格されました。多分仕事が終わり自宅に帰られて
遅くまで勉強を頑張った賜物だと思います。勉強熱心で努力家なので
日頃から関心させられておる次第で御座います。

とは申しましても、その資格を発揮するのはこれからなので、SEとしては
まだまだ出来立ての卵で御座います。

この卵を大きく育てて行くのはわたくし共の仕事では御座いますが、
(新郎名)君には是非SEとして大きく成長してもらいたい、
あるいは良いシステムを作ってもらいたいと、たいへん期待しておる
次第で御座います。

これからは、(新婦名)さんとお二人で愛情豊かなご家庭を
築き上げていただきたいと切に願っております。
人生時には晴れの日もあれば雨や嵐の日もあります。

しかしそれはどんな夫婦にでもあることなので、お互いのご両親や
本日ご出席の皆様方のお力沿いやご協力をいただいて、
是非お互いに力を合わせて幾多の苦労にも負けずに頑張ってください。

何はともあれお若い二人で御座います。力いっぱい人生に立ち向かい、
努力して幸せな生活をしていただきたいとお願いして、
ご挨拶にかえさせていただきます。本日は誠におめでとう御座います。

 

只今司会者の方からご紹介をいただきました(主賓)で御座います。
今日のこの良き日に、(新郎苗字)(新婦苗字)ご両家のご結婚に際しまして
ご披露宴にお招きいただきましたこと、ありがとう御座いました。

(新郎名)君、(新婦名)さん、ご結婚おめでとう御座います。
また、(新郎苗字)家の皆様方、並びに(新婦苗字)家の皆様方、
心よりお喜び申し上げます。

世の中、非常に暗いニュースが多い中で(新郎名)君が今日、
このように華やかなご婚儀が開かれたことは、ご出席の皆様方に
とりましても久しぶりの明るいニュースではないかと存じます。
皆様と共に心よりお祝いを申し上げたいと思う次第で御座います。

先ほど、ご媒酌人からお二人のご経歴やお人柄などをお聞きし、
誠にお似合いのカップルとお喜び申し上げます。

(新郎名)君はたいへん子供好きと伺いましたので、(新婦名)さんには
たくさんのお子供さんを、是非お願いをしたいと思うわけで御座います。

たくさんの子供に恵まれ、お互い力を合わせて明るく穏やかな家庭を
お作りになり、そして(新郎名)君がますます仕事で力を発揮できるように、
またご両家の皆様方のご繁栄をお祈り申し上げまして、わたくしの挨拶に
かえさせていただきます。

本日は、誠におめでとう御座います。

 

スポンサードリンク