・ 新婦側の上司、恩師の挨拶

☆☆☆ 司会者のスピーチ ☆☆☆

一般的に主賓として選ばれる人は、披露宴に出席した招待客の中の
代表として挨拶をします。また選ばれる人は新郎・新婦側から一名ずつ
というのが一般的です。

基本的に披露宴の初めに挨拶をしますので、あまりたくさん選考すると
スピーチが長くなるため、出席者が飽きてしまい話を聞いてもらえなくなります。
従って両家一名ずつがよいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

一般的に主賓として選ばれる人は、披露宴に出席した招待客の中の
代表として挨拶をします。また選ばれる人は新郎・新婦側から一名ずつ
というのが一般的です。

基本的に披露宴の初めに挨拶をしますので、あまりたくさん選考すると
スピーチが長くなるため、出席者が飽きてしまい話を聞いてもらえなくなります。
従って両家一名ずつがよいでしょう。

主賓の選考基準としては、新郎・新婦にもっとも深く関係した方が
選ばれるのが一般的なので、地位の高い方で出席者の代表として
祝辞を述べます。

また、主賓のスピーチ後に挨拶をされる方が、自分より地位が高かったり、
お年を召した方と分かっている時は失礼の無いように話す前文に
「僭越では御座いますが、ご指名いただきましたので」等から
始めると良いでしょう。

また話す内容としても、式の初めの方で主賓のスピーチを
もとめられますから出席者の集中力は十分で耳を大きくして聞いています。

ですから、あまり個性が強かったりお説教調になって話が重苦しくなるようでは
困ります。また自分の体験を繰返して延べたり、政局や仏教系の話も避けると
良いでしょう。

そして主賓の挨拶で最も大切なことは、もし新郎・新婦または出席者が
起立した状態である時は、一度皆さんに着席を促すことなのです。

何故かと言うと、一般的に出席者は着席をしてスタートしますが、
新郎新婦や媒酌人は入場してそのまま起立の状態で司会者の
挨拶からスタートします。

その後媒酌人の挨拶が行われますが、まさかこの時に両人が
着席するわけにはいきません。

そのため司会者⇒媒酌人⇒主賓の挨拶・・・とつながって行きますが、
この時主賓の挨拶のところが一番着席をさせる最も良いタイミングなのです。

逆にこのタイミングを失うと、その後に挨拶をする人達の地位から見ても
着席を促がすことが難しくなります。
そうなると主催者側の人達はいちいち起立した状態で聞かなくては
いけなくなります。

ですから主賓は話す前文で必ず着席をすすめて座るのを見届けてから
話始めるのがマナーなのです。

また、主賓はいわば披露宴への出席者代表のオープニングスピーチを
飾るのですから、その話す内容次第で後々の方達の話す内容に
大きく影響を与えかねません。

長ければ後の方も長く話さないと誠意などがこもって無いように
見られかねないし、あまりにも強烈なキャラを出すと後の方は
何を話したらよいか戸惑ってしまいます。

ですので、内容は前後の方のことも考えて話すと良いと思います。

 

 

◎◎ 新婦側の上司・恩師の挨拶 ◎◎

本日はお招きに与りまして、誠にありがとう御座います。
この晴れやかな結婚式に出席いたしまして、誠に感無量で御座います。

わたくしは、ご指名いただきました株式会社???保険の
(上司)と申します。

新婦の(新婦名)さんは私共の会社で営業を担当しておりまして、
立派に任務を果たしているベテラン社員で御座います。

男性社員にも勝る仕事ぶりで、この度のご結婚により当社を
退職されることは、社員一同悲しんでおります。

本日、わたくしが社員代表としてご挨拶申し上げるにつき、
皆よりその点をくれぐれも忘れずに申し添えるようにと
申しつかってまいりました。

しかし、幸せになるためには仕方の無いことですから私共を忘れずに
しっかりと幸せになってください。

私共の優秀で有望な女性を奪った新郎はたいへん幸運な
お方だと思います。

当社のある社員が(新婦名)さんに告白をしふられてしまた経験の
持主がおります。その者や社員一同から見ても
幸運の持主と言えましょう。

初めはそんな(新婦名)さんを奪った新郎を恨んでおりましたが、
実際にご本人をお目にかかり直に考えが変わりました。

とてもご立派でお似合いのカップルだし、お二人の固い絆を拝見し、
この方へなら私共の大切な(新婦名)さんを渡してもやむを得ないと
思うに到ったので御座います。

代わらぬ愛を誓い合ったお二人ですから、どうぞ(新婦名)さんを
大切に、そしてお幸せにしてあげてください。

本日は誠におめでとう御座いました。新婦の上司として、
社員を代表しお喜び申し上げます。

ご清聴、ありがとう御座いました。

 

(新郎名)君(新婦名)さん、ご結婚おめでとう!!
ついに晴れて結ばれましたね。ここまで山あり谷ありを存じている
わたくしとしても、お二人の姿を見ていると、その喜びがこちらにも
伝わり実に感無量で御座います。

わたくしは、只今ご紹介に与りました???会社の(上司)と申します。
本日は誠におめでとう御座います。

誠に僭越ながら新婦の上司としまして、一言お祝いを兼ねまして
(新婦名)さんのお人柄につき申し上げさせていただきます。

当社は化粧品の販売・開発を行っておりまして、その中の営業一課に
(新婦名)さんは務められており、その直属の上司が
わたくしで御座います。

また新郎の(新郎名)君は、開発部門を担当しており、
商品の開発から販売までの関連でお二人のことを
よく存じ上げております。

新郎側の主賓様からご紹介がありました通り、仕事態度は
まじめでとても研究熱心で、家に帰ることすら忘れるほどの立派な
社会人で御座います。

一方(新婦名)さんは、とても素直なお嬢さんでお客様からの
評判も良く、いつも営業成績は上位に位置しております。
上司としましても本当に鼻が高く、いつも感謝しておるところで
御座います。

入社当初は「剥きたてのゆで卵」のような柔らかい印象を持ち、
はたして当社の営業を任せられるかと心配しておりました。

しかし、その心配もよそに今では立派なキャリアウーマンに
なられて、本当に嬉しく思っております。

決して入社当時の謙虚さと感謝する心を忘れずに、更に素晴らしい
女性になってください。

当社内では、その白々のお顔が男性社員に好評で、
お嫁さんにしたい人ナンバーワンという評価と伺っております。

(新郎名)君は素敵な伴侶をゲットしましたね。(新婦名)さんを
ゲットできなかった者の分まで幸せにしてください。

機会がありましたらまた食事にでも行きましょうね。
今後とも末永くお幸せ家庭を築いてください。

最後となりますが、ご両親を初めご家族の皆様には、
心からお祝いを申し上げ挨拶にかえさせて頂きます。

本日は誠におめでとう御座いました。

 

スポンサードリンク