・ 新郎側の上司、恩師の挨拶

☆☆☆ 司会者のスピーチ ☆☆☆

一般的に主賓として選ばれる人は、披露宴に出席した招待客の中の
代表として挨拶をします。また選ばれる人は新郎・新婦側から一名ずつ
というのが一般的です。

基本的に披露宴の初めに挨拶をしますので、あまりたくさん選考すると
スピーチが長くなるため、出席者が飽きてしまい話を聞いてもらえなくなります。
従って両家一名ずつがよいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

一般的に主賓として選ばれる人は、披露宴に出席した招待客の中の
代表として挨拶をします。また選ばれる人は新郎・新婦側から一名ずつ
というのが一般的です。

基本的に披露宴の初めに挨拶をしますので、あまりたくさん選考すると
スピーチが長くなるため、出席者が飽きてしまい話を聞いてもらえなくなります。
従って両家一名ずつがよいでしょう。

主賓の選考基準としては、新郎・新婦にもっとも深く関係した方が
選ばれるのが一般的なので、地位の高い方で出席者の代表として
祝辞を述べます。

また、主賓のスピーチ後に挨拶をされる方が、自分より地位が高かったり、
お年を召した方と分かっている時は失礼の無いように話す前文に
「僭越では御座いますが、ご指名いただきましたので」等から
始めると良いでしょう。

また話す内容としても、式の初めの方で主賓のスピーチを
もとめられますから出席者の集中力は十分で耳を大きくして聞いています。

ですから、あまり個性が強かったりお説教調になって話が重苦しくなるようでは
困ります。また自分の体験を繰返して延べたり、政局や仏教系の話も避けると
良いでしょう。

そして主賓の挨拶で最も大切なことは、もし新郎・新婦または出席者が
起立した状態である時は、一度皆さんに着席を促すことなのです。

何故かと言うと、一般的に出席者は着席をしてスタートしますが、
新郎新婦や媒酌人は入場してそのまま起立の状態で司会者の
挨拶からスタートします。

その後媒酌人の挨拶が行われますが、まさかこの時に両人が
着席するわけにはいきません。

そのため司会者⇒媒酌人⇒主賓の挨拶・・・とつながって行きますが、
この時主賓の挨拶のところが一番着席をさせる最も良いタイミングなのです。

逆にこのタイミングを失うと、その後に挨拶をする人達の地位から見ても
着席を促がすことが難しくなります。
そうなると主催者側の人達はいちいち起立した状態で聞かなくては
いけなくなります。

ですから主賓は話す前文で必ず着席をすすめて座るのを見届けてから
話始めるのがマナーなのです。

また、主賓はいわば披露宴への出席者代表のオープニングスピーチを
飾るのですから、その話す内容次第で後々の方達の話す内容に
大きく影響を与えかねません。

長ければ後の方も長く話さないと誠意などがこもって無いように
見られかねないし、あまりにも強烈なキャラを出すと後の方は
何を話したらよいか戸惑ってしまいます。

ですので、内容は前後の方のことも考えて話すと良いと思います。

 

 

◎◎ 上司・恩師の挨拶 ◎◎

新郎・新婦ならびにご両家の皆様、本日は誠におめでとう御座います。
わたくしは、新郎の(新郎名)君の大学在学中の担任をしておりました
(上司・恩師名)で御座います。誠に僭越ながら(新郎)君の一面を
紹介したいと思います。

(新郎名)君は優秀ということは先ほど来伝えられてきました。
それはもとよりでは御座いますが、わたくしの一番気に
入っているところは誠実で非常に人柄が良いということで御座います。

誠実さや人柄というのは勉強して身に付くものでは御座いませんで、
立派なご両親の元に生まれ、良い環境で育ったことが(新郎名)君を
育て上げ優秀になったものだと存じます。
ですから、ご両親には格別な感謝をしなくてはいけません。

また、ご覧の通りのなかなかの男前で、在学中は女子生徒からの
関心の寄せられようには正直、教師のわたくしも
うらやましいほどでした。

そんな(新郎名)君もようやく愛らしいお嬢さんに恵まれ、
今後の仕事はますます力を発揮することでしょう。

一日も早く赤ちゃんを作って、立派な家庭を作っていただきたいと
切に願ってやみません。目標はご両家のご両親様で御座います。
(新郎名)君頑張ってください。

つたない話では御座いましたが、新郎・新婦の末永いお幸せと、
ご両家のご繁栄を神念いたしまして、わたくしの挨拶に
かえさせていただきます。

どうもありがとう御座いました。

 

皆様、おめでとう御座います。

(新郎名)君(新婦名)さん、おめでとう!!
相思相愛のお二人が、今日の佳き日にご結婚式を
挙げられましたことは、誠におめでたいかぎりであります。
ご両家、並びにご親族の皆様、心よりお祝い申し上げます。

さてわたくしは、新郎側の出席者としてご挨拶申し上げるよう
ご指名をいただきましたが、お二人とも当社の社員で御座いまして、
実は新婦もわたくしのよく存じ上げるところで御座います。

(新婦名)さんは、当社で受付を担当しておりまして社内でも1・2を争う
笑顔が素敵な美人さんで御座います。

はじめに「相思相愛」と申しましたのは社内で普段からお二人の
ご関係をお見受けしていたからにほかなりません。

ご両人とも当社に入社してから4年が過ぎ、お付き合いを始めて
約2年と伺っておりますが、その間お互いに愛を育んで
こられたのでしょう。

同じ社内の中で愛を育てることは、一見とても簡単なことのように
思われますが、実はとても難しいことのようで御座います。
その難しさはご両人がよく知っておられることと存じます。

しかし(新郎名)君の人懐っこいところや、(新婦名)さんの
優しいところなど、社内のみんなに好まれていたので周りの同僚の
理解と協力によって、社内恋愛を実らせて本日このような
素晴らしい結婚式に結びついたものだと存じます。

是非、皆の応援に応えられるように今後とも健康的な
家庭を営んでください。

(新婦)さんは昨日、新しい生活づくりのために当社を
去られることになり、たいへん残念では御座いますが、
今まで作りあげてきた笑顔と優しさで(新郎)君をしっかりと
バックアップしてください。

(新郎)君は若干遅刻気味なところが御座いますので、その点は
どうぞよろしくお願いいたします。

ご両家のますますのご繁栄とご両人のお幸せを心よりお祝いして、
ご挨拶とさせていただきます。本日は誠におめでとう御座います。

ご清聴、ありがとう御座いました。

 

本日は、たいへん結構なお日和で誠におめでとう御座います。

わたくしは(新郎名)君が小学校5・6年の時に担任をしておりました
(恩師名)と申します。

この度はすばらしい(新郎苗字)(新婦苗字)ご両家のご披露宴に
お招きいただきまして、誠にありがとう御座います。

誠に僭越では御座いますが、(新郎)君の小さいころの思い出話を
させていただきます。

(新郎)君はたいへん勉強嫌いのスポーツマンで、休み時間になると
誰よりも早く校庭や体育館に走り、ドッジボールや縄跳びなど、
とにかく暇があれば体を動かしている生徒で御座いました。

また野球部に所属し、守備の要であるキャッチャーを任されて、
放課後毎日練習へ参加し6学年の時は一度も休んだことが
ないそうです。

その成果もあり、全県大会に出場をし、見事優勝するなどの
輝かしい経歴の持ち主で御座います。

その当時の特技は給食の早食いでしたね。牛乳の早飲みは
学年で一番だと自慢しておりました。

その後は、勉強にも力を入れるようになり、高校は県内でも1・2を
争うほどの名門校へ入学され、このような素晴らしい社会人と
成長されました。

さて、(新婦名)さんは本日初めてお会いさせていただきましたが、
(新婦名)君、きみは本当によい伴侶を選ばれましたね。

これほどの美しい花嫁さんと共に、雛壇で堂々とされている
姿を拝見していると、あの勉強嫌いでイタズラ好きな
小学生だった頃とのイメージがズレてしまい、正直なところ
戸惑っております。

イタズラと申しましても、人を傷つけるようなものではなく黒板に
落書きする程度のもので、叱り付けるような酷いものでは
御座いませんことを付け加えておきます。

(新郎名)君、どうかスポーツで学んだ正義感と優しさを忘れずに
今後も社会人として、また幸せな家庭を築くために頑張ってください。

本日は小学生時代の担任であるわたくしを、このような素晴らしい
晴れやかな席にお招きくださいまして、ありがとう御座いました。

君のその優しい気持ちが、とても嬉しく心の中で号泣しております。
ありがとう御座いました。どうか永遠くお幸せに!!

 

スポンサードリンク