∬ 親族のスピーチ

披露宴でのスヒ゜ーチで一番大切なことは「硬く成り過ぎない・しかし柔らかく
成り過ぎない」だと思います。

一般的に招待される客は普段の生活で合う機会の多い親族・親戚や友人・
同僚などですので、あまりにも硬い話ばかりしても面白くも可笑しくも
ありませんよね。

むしろちょっとくらいのジョークを言ってもお祝いの席ですから失礼には
あたりませんし会場の雰囲気を盛り上げるためにも必要です。

しかし恩師や上司なども招待する場合も多いので、あまりにも柔らか過ぎても
駄目なのです。
ですから「硬く無く・しかし柔らか過ぎず」が大切なことだと思います。
(但し、挙式のような形式的な会場では柔らかいのは絶対に駄目です。)

 

スポンサードリンク

 

☆☆☆ 親族のスピーチ ☆☆☆

親族のスピーチは、媒酌人や主賓や友人の挨拶とは意味が違い、
お祝いの席に招いたお客さんにお礼の言葉や感謝の気持ちを
述べなければなりません。

もちろん主役の新郎・新婦に対しても、たとえ身内でもお祝いや
励ましの言葉を贈らなければいけませんね。

但し、あまりにも露骨にお客さんにお礼ばかりすると、肝心の主役である
新郎・新婦、ならびに両家の親族などを無視した状態になっては
お祝いの席に水をける始末となり兼ねないので、あくまでもさり気なく
お礼を述べることが大切です。

また、お礼の言葉と同時に出席者に対し健康や繁栄などを祈るような
謙虚な言葉を使うとスヒ゜ーチが締まります。

特に、新郎の父親がスヒ゜ーチをする場合は、媒酌人や新郎・新婦を
縁結びした仲人などいた場合、必ずその人に労う気持ちを伝えることも
大切なことです。

出席者に対しては、父親(本人)が感無量の納得した式であっても、
多忙のところを出向いて頂いたことにお礼をし、また粗末でなくても
披露宴の席を謙虚に詫びる気持ちを伝えると良いでしょうね。

通常の場合、っと言うか必ずですが、披露宴の後二次会がありますので、
その席にも是非参加していただくようなことも話すと出席者は
ありがたく思うものです。

いずれにしても父親あるいは母親のスピーチは最後に行うのが
一般ですので、その披露宴を締めくくる大切な言葉となります。

お客さんに失礼にならないような文言を使いましょう。

 

 

 

スポンサードリンク