・ 新郎の伯父の挨拶

☆☆☆ 親族のスピーチ ☆☆☆

親族のスピーチは、媒酌人や主賓や友人の挨拶とは意味が違い、
お祝いの席に招いたお客さんにお礼の言葉や感謝の気持ちを
述べなければなりません。

もちろん主役の新郎・新婦に対しても、たとえ身内でもお祝いや
励ましの言葉を贈らなければいけませんね。

但し、あまりにも露骨にお客さんにお礼ばかりすると、肝心の主役である
新郎・新婦、ならびに両家の親族などを無視した状態になっては
お祝いの席に水をける始末となり兼ねないので、あくまでもさり気なく
お礼を述べることが大切です。

 

スポンサードリンク
 

また、お礼の言葉と同時に出席者に対し健康や繁栄などを祈るような
謙虚な言葉を使うとスヒ゜ーチが締まります。

特に、新郎の父親がスヒ゜ーチをする場合は、媒酌人や新郎・新婦を
縁結びした仲人などいた場合、必ずその人に労う気持ちを伝えることも
大切なことです。

出席者に対しては、父親(本人)が感無量の納得した式であっても、
多忙のところを出向いて頂いたことにお礼をし、また粗末でなくても
披露宴の席を謙虚に詫びる気持ちを伝えると良いでしょうね。

通常の場合、っと言うか必ずですが、披露宴の後二次会がありますので、
その席にも是非参加していただくようなことも話すと出席者は
ありがたく思うものです。

いずれにしても父親あるいは母親のスピーチは最後に行うのが
一般ですので、その披露宴を締めくくる大切な言葉となります。

お客さんに失礼にならないような文言を使いましょう。

 

 

◎◎ 新郎の伯父の挨拶 ◎◎

わたくしは、只今司会者の方からご紹介に与りました新郎の
伯父(伯父苗字)で御座います。親族一同に代わりまして、
一言ご挨拶申し上げます。

本日は、新郎(新郎名)新婦(新婦名)の婚礼の儀に、
前途を祝福していただきまして、誠にありがとう存じました。

皆様からの身にあまるご祝辞と励ましのお言葉をちょうだいし、
両人とも喜びと感動の極みと存じます。

また、媒酌の(媒酌人苗字)様ご夫婦の、本日にいたるまでの
親身も及ばぬご配慮に、心よりお礼申し上げます。

お陰さまで(新郎名)にも、ようやく素敵な伴侶に恵まれ、
これからはお互いに協力し合って、幸せな家庭を築いて行くことと
期待しております。

皆様方からちょうだいした温かいお言葉をしっかりと受け止め、
終生忘れることなく、しっかりとお互い仲良く一歩ずつ
歩んでいただきたいと切に願います。

また人生の大先輩であり、貴方達の一番近くにいる、
ご両親にも感謝し、早くお子さんを作って安心させることが
何よりのプレゼントと存じます。

どうか皆様、まだ未熟な両人では御座いますが、
今後とも尚一層のご指導、ご鞭撻を賜りますように切に
お願いをし、親族一同の挨拶とさせていただきます。

本日は誠にありがとう御座いました。

 

親族を代表しまして、誠に僭越では御座いますが
一言お礼を申し上げます。

(新郎苗字)家(新婦苗字)家の皆様、本日は誠に
おめでとう御座います。わたくしは新郎の伯父で
(伯父苗字)と申します。

ご出席の皆様には、遠路をお運びいただきまして、
誠に恐縮に存じます。

(新郎名)は、わたくしの甥っ子にあたりますが、小さいころから
我が子のよう可愛がって育てられた自慢の子供で御座います。

知らず知らずのうちに大きくなり、時が過ぎるのは早いもので、
いつしかお嫁さんを迎える年頃になっておりました。
小さいことから親の愛情をたくさん受け、よく気がきく
優しい子供で御座います。

しかし優しいと申しますと、なんだか軟弱や貧弱な印象を
与えかねませんが、ご覧の通のガッチリとした体格で
スポーツマンで御座いまして、わたくしの申します優しさとは、
心の中のことで御座います。

是非その優しさで(新婦)さんを幸せにしていただきたく
お願い申し上げます。

わたくしは本日のこの良き日より、(新郎名)には優しさだけでは無く、
しっかりとした男性になっていただきたく、子供扱いをすることを卒業し、
陰ながら応援したいと存じます。

ご出席の皆様にも、どうか今後とも、まだ人生経験の浅い
この両人にかわることなきご厚情とご指導を末永く賜りますように
お願い申し上げまして挨拶とかえさせて頂きます。

本日は誠におめでとう御座います。

 

スポンサードリンク