∬ 晩酌人のスピーチ

披露宴でのスピーチで一番大切なことは「硬く成り過ぎない・しかし柔らかく
成り過ぎない」だと思います。

一般的に招待される客は普段の生活で合う機会の多い親族・親戚や友人・
同僚などですので、あまりにも硬い話ばかりしても面白くも可笑しくも
ありませんよね。

むしろちょっとくらいのジョークを言ってもお祝いの席ですから失礼には
あたりませんし会場の雰囲気を盛り上げるためにも必要です。

しかし恩師や上司なども招待する場合も多いので、あまりにも柔らか過ぎても
駄目なのです。
ですから「硬く無く・しかし柔らか過ぎず」が大切なことだと思います。
(但し、挙式のような形式的な会場では柔らかいのは絶対に駄目です。)

 

スポンサードリンク

 

☆☆☆ 晩酌人のスピーチ ☆☆☆

最近の披露宴では媒酌人の挨拶を依頼されるケースが少なくなっており
ほとんどの場合、司会者による新郎新婦の簡単なプロフィールや
両家の紹介などを行うようです。

一般的に媒酌人の挨拶をする場合、基本的な話の流れは決まっていますので、
特別なことをしなくてもいいし、新郎・新婦について幼い時から
詳しく知っているとは限りませんので、予め準備したメモを見ながら読んでも
会場の皆さんに失礼にあたりません。

流れとして、出席者に参加していただいたお礼を述べ婚儀が神前や教会において
とどこおりなく行われたことを列席者に報告し、簡単な新郎新婦の経歴などを
紹介します。
この時にできるだけ両人の良い経歴や成績などをメインに紹介します。

次に新郎新婦への祝福の言葉を述べ、最後に列席者に対して両人への今後の支援や
協力をお願いする言葉を述べます。
以上が一般的な媒酌人の挨拶の形式(流れ)です。

媒酌人の挨拶は式の初めに行いますので参加者も聞く気が十分ですので、
ハッキリ&ユックリと相手に伝えやすく話す必要があり、
あまり硬くなり過ぎないようにし出席者を飽きさせないように
話さなくてはいけません。

経歴を紹介する場合も両人の人柄等を取り入れて述べると話に花が咲きます。
基本的に媒酌人は両家の仲人ですから両人の縁結びを行ったので馴れ初めから
結婚までの経緯を十分に理解しているものと主席者から見られています。

従って、両人が結婚にたどり着くまでの労などを紹介したり両家を
結び付ける中で苦労した点などを話すと出席者に感動を与えることができます。

いずれにしても一番大切なことは、新郎新婦との十分な打ち合わせで、
資料をいただいたり直接話したりして、言って欲しいこと・嫌なこと等の
事前準備が大切です。

失言などしないように注意しましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク