・ 会社の上司による紹介

☆☆☆ 晩酌人のスピーチ ☆☆☆

最近の披露宴では媒酌人の挨拶を依頼されるケースが少なくなっており
ほとんどの場合、司会者による新郎新婦の簡単なプロフィールや
両家の紹介などを行うようです。

一般的に媒酌人の挨拶をする場合、基本的な話の流れは決まっていますので、
特別なことをしなくてもいいし、新郎・新婦について幼い時から
詳しく知っているとは限りませんので、予め準備したメモを見ながら読んでも
会場の皆さんに失礼にあたりません。

 

スポンサードリンク

 

流れとしては、出席者に参加していただいたお礼を述べ、
婚儀が神前や教会においてとどこおりなく行われたことを列席者に報告し、
簡単な新郎新婦の経歴などを紹介しますが、この時にできるだけ両人の
良い経歴や成績などをメインに紹介します。

次に新郎新婦への祝福の言葉を述べ、最後に列席者に対して両人への
今後の支援や協力をお願いする言葉を述べます。
以上が一般的な媒酌人の挨拶の形式(流れ)です。

媒酌人の挨拶は式の初めに行いますので参加者も聞く気が十分ですので、
ハッキリ&ユックリと相手に伝えやすく話す必要があり、あまり硬くなり
過ぎないように出席者を飽きさせないように話さなくてはいけません。

経歴を紹介する場合も両人の人柄等を取り入れて述べると話に花が咲きます。
基本的に媒酌人は両家の仲人ですから両人の縁結びを行ったので馴れ初めから
結婚までの経緯を十分に理解しているものと主席者から見られています。

従って、両人が結婚にたどり着くまでの労などを紹介したり両家を結び付ける中で
苦労した点などを話すと出席者に感動を与えることができます。

いずれにしても一番大切なことは、新郎新婦との十分な打ち合わせで、
資料をいただいたり直接話したりして、言って欲しいこと・嫌なこと等の
事前準備が大切です。

失言などしないように注意しましょう。

 

 

◎◎ 会社の上司による紹介 ◎◎

新郎の(新郎名)君は、昭和??年??月にご実家があります??町に出生され、
ご両親の愛情をたくさん受け、??小学校、??中学校へと進み、
昭和??年4月に??高等学校に入学され、昭和??年3月に同校をご卒業後、
翌4月に当社株式会社???に入社いたしました。

当社ではシステム開発部第一課に勤務され主にコンピューターの
ソフトウエア開発を行っております。

仕事に対して積極的で常に担当業務を正確かつ迅速にこなし、温厚明朗で
心優しい好青年であり、周りの同僚からも信頼が厚く課全体の集中力を
上げさせる存在感があり、将来を期待されておる一人で御座います。

またスポーツマンでもあられ、週末になると??海岸へサーフィンに出向き、
たくさんの仲間達と楽しんでいると存じます。
昨年の???大会では上位になるほどの腕前と聞いております。

新婦の(新婦名)さんは、昭和??年??月に??市でお生まれになり、
??小学校、??中学校を経て、昭和??年4月に新郎と同じ
??高等学校に入学され、昭和??年3月に同校をご卒業後、翌4月に
株式会社???化粧品に入社されました。

明朗活発なお嬢さんで御座いまして常に新しい化粧法などを研究されておられ、
女性の皆さんのお化粧パートナーとしてご活躍されておられます。

お客様からの信頼も厚く、その技術は高く評価され会社に絶大なる
貢献を果たしております。また新郎と同様に趣味でサーフィンをされておられす。

そもそもお二人は高校時代の同級生であり、新郎の一目ぼれで2学年より
お付き合いが始まり、意気投合してサーフィンを始めたことがきっかけで、
お互いの心の中に芽生えたささやかな感情を少しずつ成熟させ、
今日見事に花開いたと存じます。

長年のお付き合いと同じ趣味をお持ちのお二人はとてもお似合いの
ご夫婦で御座いますので、幾多の苦難にも負けずにお互い力を
合わせて努力し、今日ご出席の皆様方やご両家の期待に応えられるような
立派な家庭を築いていかれるものと信じております。

ご両人の末永い幸せとご両家のご繁栄とご健康をご祈願し、
合わせてご出席の皆様方のご健勝を請い願いながら簡単では
御座いますが媒酌人の挨拶とかえさせていいただきます。

本日はどうもありがとう御座いました。

 

皆様、本日はお忙しの中ご出席いただきまして、ありがとう御座います。
媒酌人として、一言ご挨拶申し述べます。

(新郎苗字)(新婦苗字)ご両家におかれましては当ホテル神前におきまして、
新郎(氏名)君と、新婦(氏名)さんの婚儀がとどこおりなく相すみましたこと、
誠におめでとう御座います。

ここに皆様にご報告申し上げ、お二人をお祝い申し上げたいと存じます。
皆様も既にご承知の通り、(新郎)君は当社第一営業部にて商品の販売・管理を
行っており、毎月の営業実績も常に上位で御座いまして
わが部の期待の星であります。
お客様からの評価も高く、わが社としても自慢の人材で御座います。

一方、(新婦)さんは当社の会計課に勤務され、私共の部署の金庫番として
ご活躍されておられます。

ご覧の通りの美しいお嬢さんで来客からの評判も高く、この度のご結婚で
当社を去られることをとても残念に思っておりますが、お二人の前途ある
未来のためには致し方ないことと存じます。

また、この度のご結婚で新婦のお婆様が誰よりも喜んでいると伺っております。
本当におめでとう御座います。

お二人の馴れ初めは、社内恋愛の果てにゴールインされたと伺っております。
そこで、ふつつかなわたくし共では御座いますが、新郎の上司として
媒酌人という大役を務めさせていただくことになった次第で御座います。

わたくしから見ても(新郎)君は責任感が強く、(新婦)さんという
素敵な伴侶を得られたのですから、尚一層会社のために貢献して
いただけるだろうと大いに期待しております。
是非(新婦)さんもお力沿いの程、宜しくお願いいたします。

また、ご出席の皆様方にもいつもお二人に温かいご厚情を
お寄せくださりますように媒酌人としてお願い申し上げます。

尚、本日のおめでたい日を迎えられましたご両家並びにご親族の皆様には
心よりお祝い申し上げます。若いお二人はご両親へのご恩を
決して忘れることなく、末永くご両家のご繁栄のためにも努力してください。

本日は、誠におめでとうございました。

 

スポンサードリンク